ここから本文です

2019年度のニュース

生体内で宇宙船の様に核酸医薬とランデブーし、ドッキングを繰り返しながら脳腫瘍に到達して標的治療を行うナノマシンを開発

片岡一則 川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター長 / 東京大学未来ビジョン研究センター特任教授、宮田完二郎 東京大学大学院工学系研究科准教授、近藤豊 名古屋大学大学院医学系研究科教授らの研究グループは、失活しやすい核酸医薬を血流中で安定に保護し、膵臓がんや脳腫瘍などの難治がんへ送り届けるための技術「核酸医薬搭載ナノマシン」の開発に成功しました。

現在、この核酸医薬搭載ナノマシンを医薬品として実用化するための取り組みが進められており、膵臓がんや脳腫瘍への新たな治療法の登場に大きな期待が寄せられます。

本研究成果は、『Nature Communications誌』に4月24日に掲載されました。

リリース文書はこちらをご参照ください。


  • 【片岡一則 先生】

  • 【宮田完二郎 先生】

  • 【藤加珠子 研究員】

  • 【林光太朗 研究員】

  • 【会場の様子】

  • 【会場の様子】

トップヘ戻る